相続手続きに必要な戸籍類や、代襲相続について徹底解説!
相続手続きに必要な戸籍類
相続に必要な戸籍類
原戸籍とは
除籍謄本とは
戸籍の附票とは
戸籍類の集め方
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
当サイトご利用について
当行政書士事務所概要
代行お申し込みについて
お申し込み前の注意事項
代襲相続のある相続手続に必要な戸籍類の取り寄せ代行お申し込みはこちらから
  相続人の範囲:相続人の範囲が一目でわかります。
家族や身内が相続人になりますが、範囲と優先順位が決まっています。

ここでは、相続人の範囲と優先順位はもちろん一目でわかりますが、

範囲と順位だけではわからない『 養子は相続人になる? 』、

前妻または前夫の子供は相続人になる?

相続人の1人がすでに亡くなっている場合は?

相続人の1人に行方不明者がいる場合は?

 というような疑問も解決できるでしょう。

しかし、間違いなく相続人を把握するためには、

まず、亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍類を

取り寄せする必要があることを、あなたはご存知ですか?

相続人の範囲と優先順位
というようなこともふまえた上で、相続手続きに必要な、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類から、相続人や代襲相続人を判断しないといけません。

当サイトでは、国家資格者である相続専門の行政書士が、亡くなった方と相続人の戸籍類を取り寄せして その戸籍類から判断して、相続人を特定(確認)し、相続人の情報 (現住所や生死) が、一目でわかる相続関係説明図の作成までのすべての代行を、専門業務と致しております。

第1順位の相続人としては、子供、孫、ひ孫です。

第2順位の相続人としては、父母です。

          父母の両方が亡くなっている時は、祖父母です。

第3順位の相続人としては、兄弟姉妹となります。

配偶者 (亡くなった方から見て 妻 または 夫 のこと)は、常に相続人です。

そして、第1順位である子供がいると、妻と子供が相続人となります。
第1順位である子供以下が全くいない時は、

第2順位である父母が相続人となります。

父母より上の人達もいない時に、第3順位である兄弟姉妹が相続人となります。

つまり、違う順位の相続人は、同時に相続人にはならないということです。

例えば、

・亡くなった方に子供 (第1順位)がいれば、

両親や兄弟姉妹は相続人になりません。

・亡くなった方に子供 (第1順位) がなく、両親・祖父母も含めて上の人達

 (第2順位)も全て亡くなっている場合は、兄弟姉妹が相続人になります。

養子は相続人になる?

養子も相続人となります。子供と同じです。

養子は、実の両親と、養親の両方を相続できるのです。

ただし、特別養子縁組をしている場合は、養親だけを相続できることになっています。

また、本当に養子なのかどうかは、亡くなった人とその養子の戸籍類を、

確認してみてはじめてわかる(証明できる)ことなのです。


前妻 または 前夫 は相続人になる?

いいえ、相続人にはなりません。

亡くなった当時の配偶者 (妻または夫) のみが、相続人となります。


前妻 または 前夫 の子供は相続人になる?

亡くなった方の実の子供は相続人となりますが、

前妻または前夫の連れ子は、相続人となりません。

また、亡くなった当時の配偶者の連れ子も、相続人になりません。

ただし、1つ例外があります。

連れ子であっても、亡くなった方と養子縁組をしていると相続人となります。

養子縁組をしているかどうかは、亡くなった方とその相続人の戸籍類を

確認してみてはじめて正確にわかる (証明できる) ことなのです。


相続人の1人がすでに亡くなっている場合は?

この場合、2通り考えられます。

1つは、相続人の亡くなった日付が、被相続人の亡くなった日付より前なら、

代襲相続となりますので、その相続人の子供が全員、代襲相続人となります。

もう1つは、相続人の亡くなった日が、被相続人の亡くなった日より後なら、

数次相続となりますので、その相続人の子供はもちろん、

その時の配偶者(妻や夫)も相続人となります。

数次相続というのは、1つの相続を済ませる前に、新たに相続が発生した相続

という意味です。


相続人に行方不明者(音信不通者)がいる場合は?

相続人には変わりありませんので、行方不明だからといって、

相続人からはずすことはできません。

あらゆる相続手続きでは、必ず行方不明者の方の戸籍類が必要になりますので、

提出できないとなると、相続はいつまで経っても不可能となります。


つまり、相続手続きが、いつまで経っても、できないということになります。

まずは、行方不明者の生死と現住所を把握することが先決です。

こういった行方不明者の生死や現住所を把握する方法としては、

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類を解読して、

行方不明者の戸籍類と戸籍の附票を取得することで、

生死と現住所を知ることができます。

だだし、行方不明者の戸籍類については、行方不明者本人か、

行政書士など国家資格者でないと、取得することができないのが現状です。


もし、相続人の中に、行方不明者(音信不通者)がいるようでしたら、

当サイトでは、相続専門の行政書士が、行方不明者(音信不通者)の戸籍類の取り寄せと、

その他の相続人全員の戸籍類の取り寄せと、

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類の取り寄せをセットで解決できる、

取り寄せ代行サービスを行っておりますので、ご利用いただければ解決できます。

代行お申し込みは、取り寄せ代行お申し込みはこちらからをクリックして

お申し込みいただければと思います。


以上、だいたい相続人を把握できましたでしょうか?

ただし、これらはあくまで一般的な相続人の把握となります。
あなたが、

相続手続き(名義変更など)をしたい!

亡くなった方の銀行やゆうちょの預貯金、保険金を受け取りたい!


亡くなった方の預貯金、不動産、自動車、株の名義変更をしたい!

遺産分割協議をする前に、間違いない相続人の特定をしておきたい!

長年音信普通 となっている相続人の生死や現住所が知りたい!

相続放棄をしたい!


      というどれかにあてはまるのであれば、
最初に、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類と、
その相続人全員の戸籍類
を集める必要があるのです。

代襲相続
ページ 内 容 一 覧

代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類を一発で解決する方法
相続に必要な戸籍類戸籍の疑問一覧原戸籍とは除籍謄本とは戸籍の附票とは戸籍類の集め方

相続人の範囲本当にあなた1人?相続関係説明図とは

相続手続きの流れ未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢相続放棄手続の仕方

サイトマップ当行政書士事務所概要免責事項特定商取引の表示

お申込み前の注意事項||郵便振替のお支払方法銀行振込のお支払方法イーバンクのお支払方法
代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類のラクラク取り寄せ代行 お申し込みは 今すぐこちらから