相続手続きに必要な戸籍類や、代襲相続について徹底解説!
相続手続きに必要な戸籍類
相続に必要な戸籍類
原戸籍とは
除籍謄本とは
戸籍の附票とは
戸籍類の集め方
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
当サイトご利用について
当行政書士事務所概要
代行お申し込みについて
お申し込み前の注意事項
代襲相続のある相続手続に必要な戸籍類の取り寄せ代行お申し込みはこちらから
  相続手続きの流れ

@ 最初に、亡くなった方が残した遺産に、何があるかを調べます.
    
銀行などの預貯金
保険金など
株などの
有価証券
自動車 価値のある
絵画や骨董品等
                   
                      

A 亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類 (原戸籍・除籍謄本・戸籍謄本・住民票など) と、その相続人全員 の戸籍謄本 をすべて取り寄せして内容を調査し、相続人が誰であるかを特定(確認)します。各相続手続きに必要とされている戸籍類がそろっていないと、代襲相続のある相続手続きが何一つできません。 
( 当サイトの 代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類のラクラク取り寄せ代行 によって完了できる部分です。 )
                  
                      

B その取り寄せした戸籍類の調査を元に、特定した相続人が誰々であるかが一目でわかる相続関係説明図を作成します。
( 当サイトの 代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類のラクラク取り寄せ代行 によって完了できる部分です。 )
                  
                      

D 戸籍類から特定された相続人全員で、亡くなった方の遺産を、誰が、何を、どれくらい相続するのか を決める事になります。
つまり、相続人全員の戸籍類が、あなたの手元にあれば、相続手続きも進めることができるのです。
      

※遺産分割を決める事については、戸籍類の調査によって特定された相続人全員の間での話し合いとなります。ここでは、一堂に集まらなくても、遺産分割協議書に署名と実印と印鑑証明書を最終的にもらえればかまいません。
                      

E 相続人全員の間で話し合いがまとまると、証拠を残す為に、遺産分割協議書を作成します。この遺産分割協議書に、相続人全員の署名と実印をもらい、相続人全員の印鑑証明書をつけます。遺言書がある時は、ほとんどの場合遺産分割協議書は必要ありません。
                
( 当サイトの代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類のラクラク取り寄せ代行をご利用された方は、引き続き、特別料金によって遺産分割協議書作成を完了できる部分です。 )
                      

F 最後に、この遺産分割協議書と戸籍類を、それぞれの相続財産の名義変更や、預金や保険金などを受け取る機関に提出します。提出する時には、それぞれの機関に申請書がありますので、戸籍類と共に提出します。
例えば、

 ・ 銀行の預貯金や保険金なら、銀行や保険会社ごとに申請用紙があります。

 ・ 不動産(土地や建物)なら、登記申請書
   
    となります。いずれにしても戸籍類は、必ず提出しなけらばなりません。

代襲相続
ページ 内 容 一 覧

代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類を一発で解決する方法
相続に必要な戸籍類戸籍の疑問一覧原戸籍とは除籍謄本とは戸籍の附票とは戸籍類の集め方

相続人の範囲本当にあなた1人?相続関係説明図とは

相続手続きの流れ未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢相続放棄手続の仕方

サイトマップ当行政書士事務所概要免責事項特定商取引の表示

お申込み前の注意事項||郵便振替のお支払方法銀行振込のお支払方法イーバンクのお支払方法
代襲相続のある相続手続きに必要なすべての戸籍類のラクラク取り寄せ代行 お申し込みは 今すぐこちらから